株式会社大川石材 墓石・灯籠・記念碑など、石のことならおまかせください。高水準な品質、技術でお応えいたします。
技術
【加工】
最高の品質を提供するための技術。信頼にお応えする自信があります。
加工工程
高い技術と志が、庵治石の魅力を引き出し、国内最高級品のブランドを維持しています。
工程一覧
墓石完成までにある工程の流れには、品質にこだわる職人の思い込められています。
特に庵治石は加工が非常に難しく、他の石種よりも多くの手間ひまが掛かっています。
確認や後戻りを何度も繰り返し、国内最高級品「庵治石」を最高の仕上がりへと導きます。
仕上げ
実用性と美しさを備える様々な仕上げ方法。石は職人の手を介することで多様な表情を浮かべます。
石は古来より生活に深く関わってきました。そんな中で生まれた多様な仕上げ加工は現代にも受け継がれています。 自然素材に職人の技術が加わることで、石に生まれる表情は多彩になり人の目を楽しませてくれます。またそれに留まらず、用途に合わせて使用することで実用性を上げることもできます。
自然肌仕上げ自然肌仕上げ
自然が作った割肌表面で、風合いには同じものはありません。カサネ肌・二番肌など、石の方向によって様々な表情をみせてくれます。自然によってのみ、作る事の出来る美しさです。
用途:記念碑、床材、壁材など
コブ出し仕上げコブ出し仕上げ
人工的に作った、表面に大きな凹凸のある艶のない割肌です。 ゴツゴツとした、野趣に富んだ風合いが出ます。 変化を持たせたい場合に用いる事の多い仕上げ方法です。
用途:石垣、床材、壁材など
ノミ切り仕上げノミ切り仕上げ
ノミを使用して、荒く平面に仕上げる方法で、ノミ跡の窪みに趣があります。手加工であるため、技量によって違いがあります。現在最も難しく、高級な加工だと言えます。
用途:神社の参道、仏像など
バーナー仕上げバーナー仕上げ
石の表面をジェットバーナーの火炎で炙ることで、表面の結晶組織を熱膨張させ、はじき飛ばして仕上げます。ざらざらとした表面になります。滑り止めとして、よく利用されます。
用途:床材など
ビシャン仕上げビシャン仕上げ
ピラミッド状の突起の並んだ金槌で叩く、存在感ある仕上げ方法です。突起の数が、16,36,64,100の順できめを細かくできます。技術者が少なく、技量が問われます。
用途:墓石、庭材、床材、燈籠、仏像など
コタタキ仕上げコタタキ仕上げ
両刃と呼ばれる道具を使用し、表面に横スジの刃跡を付けて仕上げる方法です。昔はビシャンの後の高級仕上げとして用いられました。職人が丹念に叩いていきます。
用途:墓石、床材、燈籠、仏像など
切削仕上げ切削仕上げ
ダイヤモンドブレードと呼ばれる石材用のノコギリで切って仕上げた面です。凸凹はないものの、艶なしで、ノコギリで引きっぱなしの荒い面です。
用途:外柵の巻き石、床材など
ブラスト仕上げブラスト仕上げ
石材よりも硬いカーボン粒子を高圧の圧縮空気に混合して吹き付けます。表面をざらざらと仕上げます。字彫を行ったり、割肌に使用して、風化した様に見せる事も出来ます。
用途:庭材、床材、壁材など
サンダー仕上げサンダー仕上げ
切削仕上げの上に電動グランダーで100番程度の砥石を使用して表面を仕上げる方法です。艶消しになります。
用途:外柵の巻石、仏像など
水磨き仕上げ水磨き仕上げ
艶消しの研磨仕上げになります。800番の砥石を使用して仕上げます。マット感の美しい仕上げです。
用途:墓石、床材、壁材、建材、モニュメントなど
本磨き仕上げ
艶出しを行った、光沢感のある鏡の様な表面仕上げです。汚れにくく、石の色や模様、目合が最もよく分かります。切断した後、荒磨き、水磨き、本磨きの順に仕上げていきます。
用途:墓石、建材など
細工形状
職人の高い技術による美しいディティールが加わることで高級で存在感のあるフォルムに仕上がります。
Copyright © 2014 Ookawa-sekizai All Rights Reserved